レイラインブログ

リンパ浮腫に多い合併症・蜂窩織炎 ③ 手術とその後の保存療法


蜂窩織炎を起こしてしまったら

・蜂窩織炎の治療が終了するまでストッキング、スリーブなどの圧迫はしないようにしましょう。

→炎症が起きた状態で圧迫すると炎症が広がり治療が長引く可能性があります。

 

蜂窩織炎が年に4回以上繰り返される場合、リンパ浮腫の悪化にもつながり患者さん自身の負担にもなるため、人によっては手術を勧める場合があります。

https://www.mominoki-shinryosho.jp/lva/

↑日本でも多くのLVA(リンパ管静脈吻合術)されている三原誠先生のクリニックのホームページです。

手術によってリンパ浮腫の改善になる人もいれば、全く変わらない人もいますので手術すればリンパ浮腫が治るという考えはあまりありません。手術してもその後圧迫等の保存療法は必要になります。

ただ蜂窩織炎に関しては、90%以上で起こらなくなるとのことですので何度も繰り返して辛い方には手術も考慮してお話しさせていただいています。