レイラインブログ

リンパ浮腫に多い合併症・蜂窩織炎 ②対処法


まずリンパ浮腫の部分に蜂窩織炎と思われる症状がでたら、

患部を保冷剤をガーゼハンカチのようなもので包み冷やしてください。

初期で軽症だと患部を冷やすことで改善することがあります。

それでも症状が改善しない場合や発熱まで起きてしまった場合には病院に受診し抗生剤投与などの治療が必要になります。

①手術した病院やかかりつけでかかっている病院への受診

②手術した病院などが遠方の場合、近くの皮膚科

①の場合は手術でリンパ郭清したことによりリンパ浮腫が生じていることがわかっているのでそこからの蜂窩織炎だと診断しやすくまた早急に対処してもらえるのでお勧めします。

②の場合は、手術した病院が遠方の場合、毎日のように抗生剤の投与などの点滴が必要になってくるため負担の少ない近くの皮膚科がお勧めです。ただリンパ浮腫があり、そこからの蜂窩織炎の可能性があることを伝えることをお勧めします。

患者さんで内科を受診し本当はリンパ浮腫からの蜂窩織炎だったが、インフルエンザと間違われ、退院のころに蜂窩織炎とわかったケースもあり、蜂窩織炎は皮膚の炎症なので皮膚科の方の受診がお勧めです。

蜂窩織炎が繰り返される場合は診てもらっているドクターに相談し、抗生剤をもらい蜂窩織炎の初期症状の段階で内服すると早めに改善する方もいらっしゃいます。ただ薬の処方に関しては、ドクターの判断になります。